webジャーナル『子どもの日本語教育研究』

トップページ > ジャーナル原稿募集

webジャーナル 『子どもの日本語教育研究』第2号 投稿原稿募集中です!


「子どもの日本語教育研究会」では、研究や実践の成果を広く公開し、社会に向けて発信するために、
「webジャーナル・子どもの日本語教育」を刊行いたしました。
第1号は2018年12月下旬にリリースできました。
引き続き第2号への投稿を以下の要領で募集いたします。

  募集期間   2018年12月31日から2019年1月31日まで
  募集要領・投稿規定
   ⇒ こちらからご覧ください。

本ジャーナルは年に一回、研究会が発行し、インターネット上で広く公開されるものです。
子どもの日本語教育に関する研究成果を共有し、よりよい実践を創出するためにも、
たくさんの投稿をお待ちしています。

刊行の主旨
「子どもの日本語教育研究会」は、多様な言語文化背景を持つ子どもたちを対象とする
日本語教育・学校教育・地域支援の実践と研究の相互交流を図り、その現場の成長と
関連領域の研究の発展を促進することを目指して設立されました。
具体的には、日本語教育の実践を集積し、その内容や方法について、研究を進めます。
また、実践のためのリソース開発も目指しています。これらの成果を広く公開し、
社会に向けて発信するための方途として、「Webジャーナル・子どもの日本語教育」を刊行いたします。
子どもの日本語教育に関する論考を掲載する学術誌と位置づけ、当会の趣旨からも、
実践を中心に据えた研究の投稿を積極的に募集いたします。
実践内容を詳細に記述した実践報告だけではなく、記述のプロセスにおいて深い考察を行い、
新たな知見を提示した実践研究を推進するジャーナルでありたいと考えています。
子どもの日本語教育に関する研究の成果を共有し、よりよい実践を創出するために、
また、この領域における研究の推進をめざすために、この場が利用され研究交流が進むことを願っています。


子どもの日本語教育研究会 
編集委員会 委員長 池上摩希子(早稲田大学)