大会・研究会・ワークショップのご案内

トップページ > 大会・研究会・ワークショップ

大会・研究会・ワークショップ

    第3回研究会(神戸)の配布資料・ポスターをアップ

    第3回研究会の配布資料とポスターの一部を公開いたしました。

    こちら→ https://www.kodomo-no-nihongo.com/archive/archives/10
     

    ≫ 続きを読む

    第3回研究会 無事に終了!!(簡易報告)

    第3回研究会が終了しました。
    (事務局より簡易報告)

    2018年12月2日(日)
    兵庫教育大学ハーバーランドキャンパスにおいて
    第3回研究会を開催いたしました。

     午前には、13組の実践・研究の発表(ポスター)がありました。
     就学前の教育と学校教育との連接や、 高等学校での現代文と日本語の学習支援までと教育の内容と方法に関する発表。
     高校受験の特別枠や、移住労働者の高卒モデルといった 外国人青年のキャリアにかかわる問題。
     散在地域での支援やセクシャルマイノリティの生徒への支援など、さらに複雑化・多様化する現代社会における課題への取り組み。
     鋭角な視点と多様なアプローチによる実践・研究がそろいました。
    そして、何より会場での重なる声と真剣なまなざしに、この教育の重要性と、それを担う人々の底力が感じられました。
     
     午後の1つ目のプログラムは、今井むつみ先生のご講演でした。
     今井先生は、ご自身の研究成果に加え、 最新の認知科学の領域の研究知見についてお話しくださいました。
    また、現在進めていらっしゃる語彙調査の概要のご紹介がありました。
     
    次のパネルディスカッションでは、
     松原マリナさん(関西ブラジル人コミュニティ)が、 活動について、
    子どもたちの姿の変容と、その変容が意味する「母語を学び」「学習する」ことの重要性を子どもたちのケースと活動をもとに語りました。
    また、笹山市立岡野小学校の高見成幸先生は、
     学校全体の取り組みと算数(5年生)と国語(2年生)の「JSLカリキュラム」に基づく授業についてご報告くださいました。
     
     何から何まで快適に、温かく、そして、参加者の皆さんの信念に貫かれた一日でした。
    参加者の誰もが、自分自身の実践と研究を振り返る、 大切なときにできたのではないかと思います。

    それも、実行委員の皆様のおかげです。
     委員として尽力くださった兵庫県教育委員会の先生方、兵庫県国際交流協会の皆様、
    そして、兵庫教育大学・神戸大学・桃山学院大学の先生方、 本当に、ありがとうございました。
     
    なお、会場の関係で、参加ご希望の方で、参加ができなかった皆様、大変 申し訳ありませんでした。
     
     今後も、皆様が交流を通して結ばれ、 そして、その渦が広がるような会の運営を心掛けたいと思います。

    子どもの日本語教育研究会事務局 2018/12/03

    ≫ 続きを読む

    終了しました。  子どもの日本語教育研究会 第3回研究会(兵庫)「実践・研究発表(ポスター)」プログラム

    子どもの日本語教育研究会 第3回研究会(兵庫)

    !!会場の収容人数の関係で、当日受付はお受けできません!!
    実践・研究発表(ポスターセッション)プログラムをアップしました。
    下の<概要・プログラム>の 子日研ポスター発表一覧 でご覧ください。

    <ポスター発表について>
    多様な言語文化背景をもつ子どもの日本語教育等に関心をもつ実践者・研究者の方を対象に、
    研究・実践の成果を公募し、査読をへて、13名の方にご発表をしていただくことになりました。
    ポスターセッションの形態になりますので、是非、実践・研究の交流の場にしてください。


    ・・・・・・・・・子どもの日本語教育研究会 第3回研究会の概要・・・・・・・・・・
    <日時・場所>
    12月2日(日)10:00-17:00 
    於:兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 兵教ホール
     (兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目5-7)

    <申し込み>!!申し訳ありません!!
      
    *現在すでに定員に達しました(満席)。
      キャンセルが出た時点で、空きになり、申し込みが出来るようになります。
        イベント申し込み専用サイト「こくちーずpro.」( https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai3/ )で行ってください。
      申し訳ありませんが、
      会場の収容人数の関係で、当日参加もお受けできません。


    <プログラム>  
    --------------------------------  
    10:00 開会宣言  (9:30 受付開始) 
    10:05-11:05 実践・研究発表(ポスターセッション)① 
    11:10-12:10 実践・研究発表(ポスターセッション)② 
            ポスター発表一覧はこちら⇒子日研ポスター発表一覧.pdf
    12:10-13:00 昼休み
    13:00-14:00 講演 「子どもたちの思考を育む『ことばの教育』」
              慶應義塾大学 教授 今井むつみ
    14:15-16:50 パネルディスカッション
          「多様な言語文化背景を持つ子どもたちの「考える力」を育む
           -日本語と教科の学習支援を通して-」
      *パネリスト 
          NPO関西ブラジル人コミュニティ   理事長 松原マリナ
          篠山市立岡野小学校            教 諭 高見 成幸
      *コメンテ-タ       慶応義塾大学          教 授 今井むつみ
      *コーディネーター 東京学芸大学                 教 授    齋藤ひろみ
    17:00    閉会
    --------------------------------
    
    
    

    ≫ 続きを読む

    第4回大会(於:武蔵野大学)【発表者募集 11/12~12/25】

    子どもの日本語教育研究会 第4回大会 発表者募集(11月12日~12月25日)
    第4回大会の実践・研究発表(ポスター)、パネル発表を募集します。

    【日時・場所】
    日時:2019年3月2日(土)10:00-17:30
    場所:武蔵野大学 有明キャンパス
      (りんかい線 国際展示場駅 徒歩7分)
    交通アクセス(武蔵野大学有明キャンパス)
    https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/

    【プログラム】  
    --------------------------------  
    10:00 開会
    10:15-12:00 ポスター発表
    13:00-14:50 公募パネル
    15:00-17:00 大会企画パネル 
    (17:30 閉会
    --------------------------------

    【発表のお申込みについて】

    ・申込期間: 2018年11月12日(月)-2018年12月25日(火)

    ・種 別 : ポスター発表(実践発表/研究発表)
            パネルセッション 

    ・応募方法 : 「こくちーずPro.」からお申し込みください。
            
    https://www.kokuchpro.com/event/taikai4_happyou/

     別途、発表の概要(800字以内)などの応募書類を本研究会事務局に送付いただきます。
     応募書類はこちらからダウンロードしてください。
      ⇒ 第4回大会_発表_応募書式.docx     第4回大会 チェックシート.docx

     これまでの大会・研究会の発表内容を参考の上、応募書類に概要を記載ください。
      子どもの日本語教育研究会HP内「実践と研究のリソース」でご覧いただけます。


    ・発表の可否の審査
      応募書類をもとに審査(査読)を行い、発表の可否(採否)を決定いたします。
      研究倫理面については、厳正に審査をしております。
      応募前に、実践・調査を実施した組織・団体、調査協力者・対象者、研究協力者から、
      必ず発表についての許諾を得てください。

    ※一般参加は、別途お申し込みを受け付けます。
     2019年1月初旬より「こくちーずPro.」(一般参加者向け)で受付け開始予定です。
     なお、当日、資料代として500円を申し受けます。

    お問い合せ
     発表応募についてのご質問  kodomononihongokyoiku@gmail.com(本研究会事務局 齋藤・工藤)
     第4回大会全般について   konichiken.taikai.4@gmail.com(第4回大会実行委員会 村澤・齋藤・工藤)
    実行委員会:村澤 慶昭(委員長/武蔵野大学)

    ≫ 続きを読む

    終了しました  第3回研究会(兵庫) 一般参加申込開始  

    子どもの日本語教育 第3回研究会 一般参加申込開始 

    ★ 定員に達しました。
      現在は申込を受けて受けておりません。
      ご了承ください。

     
    日時 2018年12月2日(日)10:00-17:00
    会場 兵庫教育大学
    神戸ハーバーランドキャンパス
    兵教ホール
    実行委員長 村松 好子(兵庫県教育委員会)
    発表募集 実践発表(ポスター)、
    研究発表(ポスター)
    参加者定員 100名
    一般参加
    申し込み期間
    2018年10月8日(月) 
    定員になり次第しめきります。
    共 催 公益財団法人兵庫県国際交流協会(HIA)
    後 援 兵庫教育大学、神戸大学、
    兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会

    ※プログラム
      10:00~11:50 ポスターセッション(50分×2) 
       ★発表者・発表題目は、決定し次第お知らせします
      11:50~12:50 昼休み
      12:50~13:00 開会行事
      13:00~14:00 講演「子どもたちの思考を育む『ことばの教育』」
               慶応義塾大学   教授 今井むつみ 
      14:15~16:50 パネルディスカッション
            「多様な言語文化背景を持つ子どもたちの「考える力」を育む
             -日本語と教科の学習支援を通して-」
       *パネリスト NPO関西ブラジル人コミュニティ 理事長 松原マリナ
               篠山市立岡野小学校        教諭  高見成幸
       *コメンテ-タ  慶応義塾大学    教授 今井むつみ
       *コーディネーター  東京学芸大学  教授 齋藤ひろみ
      17:00    閉会

    お申し込み webサイト「こくちーずpro」で申し込んでください。
     https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai3/

    お問合せ
     子どもの日本語教育研究会事務局 東京学芸大学齋藤研究室内
      kodomononihongokyoiku@gmail.com
           (齋藤・菅原・工藤・秋山)

    ≫ 続きを読む

    第3回研究会 発表募集 締切 10月1日(月)23:59に変更 …終了しました!!

    2018年12月2日(日) 第3回研究会 発表募集 

    締切日時を変更しました
     10月1日(月)23:59     

    こくちーずproの締切設定が9月29日24:00となっていたために、
    9月30日に応募できなかった皆さま、ご迷惑をおかけしました。
    申し訳ありませんでした。(研究会事務局 齋藤ひろみ)

    申し込みはこちらから → https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai3_entry/

    ≫ 続きを読む

    第3回ワークショップ(甲府)の配布資料をアップ

    第3回ワークショップ(甲府)の配布資料を一部公開しました。

    こちら→https://www.kodomo-no-nihongo.com/archive/archives/9

    ≫ 続きを読む

    第3回ワークショップ(甲府)終了しました

    2018年8月18日(土)山梨県立大学で、第3回ワークショップが終了しました。

     会場には、関東のみならず、関西・東海地区から80名弱の方にご参加いただきました。
    ご発表くださった皆様、参加くださった皆様、ありがとうございました。
     山梨の進路支援のご報告、また、キャリア支援の活動の報告とディスカッション、
    そして、「伝わる日本語」についてのワークショップと充実した内容になりました。
    詳しい報告は、日を改めて「研究会」ページにアップいたします。

     なお、当日配布した資料ですが、掲載許可をいただけた資料については、
    できるだけ早く、HPにアップいたします。どうぞご参考になさってください。

     次回は、12月2日(日)に兵庫教育大学で開催する、第3回研究会です。
    既に、実践・研究の発表の募集を開始しております(8月19日~9月30日)。
    どうぞ、こくちーずproでお申し込みください。
     https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai3_entry/

     第4回大会は、2019年3月2日(土)に武蔵野大学で開催いたします。
    こちらも11月1日より発表の募集をいたします。

    皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

    ≫ 続きを読む

    第3回研究会 (兵庫教育大学)【発表募集 8/19~9/30】

    第3回研究会のポスター発表(「実践」「研究」)の募集を開始します。
    どうぞ奮ってエントリーしてください(募集期間2018年8月19日-2018年9月30日)

    ★応募締切 2018年10月1日(月)23:59まで 延期!

     (こくちーずproの締め切りが9月29日の24:00となっておりました。
     9月30日にエントリーできなかった方には大変もうし訳ありません。)

     なお、一般参加のお申し込みは、10月8日(月)より「こくちーずpro」にてお受けします。
     もうしばらくお待ちください。(すみませんが、上記の事情により8日からに変更しました。)

    <発表の応募の方法>

    1 まず「こくちーずpro」で申し込みをします 
    申し込みはこちらから → https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai3_entry/

    2 「こくちーずpro」でお申し込みをなさった後、次のABの書類をご提出ください。
     
    A チェックシート(発表にあたっての留意点に関して) ポスター用チェックシート.docx
    B 応募書類 ポスター原稿書式.docx

    提出先子どもの日本語研究委員会事務局(kodomononihongokyoiku@gmail.com

    ================================
    ポスター発表(「実践」「研究」)のお申し込みのご案内

    発表募集 実践発表(ポスター)、研究発表(ポスター)
    募集期間 2018年8月19日-2018年9月30日


    子どもの日本語教育 第3回研究会 概要
     

    日時 2018年12月2日(日)10:00-17:00
    会場 兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス
    実行委員長 村松 好子(兵庫県教育委員会)
    発表募集 実践発表(ポスター)、研究発表(ポスター)
    参加者定員 100名
    一般参加
    申し込み期間
    2018年10月上旬-12月1日(土)
    共 催 公益財団法人兵庫県国際交流協会(HIA)
    後 援 兵庫教育大学、神戸大学、
    兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会

    ※プログラム
      10:00~11:50 ポスターセッション(50分×2) 
       ★発表者・発表題目は、決定し次第お知らせします
      11:50~12:50 昼休み
      12:50~13:00 開会行事
      13:00~14:00 講演「子どもたちの思考を育む『ことばの教育』」
               慶応義塾大学   教授 今井むつみ 
      14:15~16:50 パネルディスカッション
            「多様な言語文化背景を持つ子どもたちの「考える力」を育む
             -日本語と教科の学習支援を通して-」
       *パネリスト NPO関西ブラジル人コミュニティ 理事長 松原マリナ
               篠山市立岡野小学校        教諭  高見成幸
       *コメンテ-タ  慶応義塾大学    教授 今井むつみ
       *コーディネーター  東京学芸大学  教授 齋藤ひろみ
      17:00    閉会

    申し込みの詳細

    (1)発表資格 
     本研究会の趣旨に賛同くださり、参会者とともに学び合うために、実践や研究の取り組みを紹介くださる方

    (2)募集内容
     子どもを対象とする日本語教育や関連する領域に関し、学校・地域における実践や関連する研究の発表を募集します。ただし、オリジナリティのある未発表の内容であること、倫理面での配慮が十分になされていることを条件とします。
     実践発表・研究発表とも、教育・支援の現場や実践の参加者・協力者のプライバシー・人権への十分な配慮が求められます。資料・データ収集・利用については、必ず事前に、関係者(所属機関、共同実践者・研究者、協力者)に承諾を得てください。

    (3)発表者の決定
     応募書類をもとに、本研究会の運営委員会委員による審査(査読)を行い、発表者を決定します。

    (4)発表形態について
    「実践発表」「研究発表」(ポスター発表) 1時間 
     募集件数:20件程度
     ポスターセッション形式で、「実践発表」か「研究発表」を、A0版(84㎝×119㎝)のポスターにまとめて発表します。参会者との質疑応答や意見交換の時間を十分に設けてください。会場でのセッションを通して、実践の更なる工夫や改善、研究の更なる精緻化や発展の可能性について検討してください。

    (5)発表の申し込み方法
    1)「こくちーずpro.」にて「実践発表(ポスター)」「研究発表(ポスター)」別に申し込んでください。
     申し込みはこちらから(こくちーずpro)
     申し込み期間 2018年8月19日(日)~2018年9月30日(日)

    2)応募書類の提出
     「こくちーずpro.」での申し込みの他、次の書類を子どもの日本語研究委員会事務局(kodomononihongokyoiku@gmail.com)に送ってください。 
     応募書類には所定の様式があります。下記の提出書類をダウンロードしてご利用ください。

    <提出書類>
    A チェックシート(発表にあたっての留意点に関して) 
    B 応募書類 
    B応募書類の記載内容
    ①「実践発表(ポスター)」、「研究発表(ポスター)」の別
    ②発表題目と概要(800字前後、以下の内容を含めてください。)
     採択された場合は、提出いただいた発表題目・概要が当日の配布資料となります。
     また、本研究会のHPで公開します。

    実践発表(ポスター) 研究発表(ポスター)
    A 発表題目 A 発表題目
    B 実践の場の特徴 B 研究の目的
    C 実践の目標 C 研究の価値・意義
    D 具体的な実践の内容とその過程 D 研究方法
    E 結果と考察(目標の達成度・課題) E 結果と考察

    ③ 発表者情報 
     発表者氏名(よみがな)・所属・立場・連絡先(代表者のメールアドレス)
    (複数の場合は全員分の物を記載ください。筆頭者を代表として連絡します。)

    (6)採択後の準備

    ①10月末までに応募書類をもとに査読を行い、採否を決定して、通知します。
     採択された場合は、ポスターを作成してください。
     ポスターサイズはA0版(84㎝×119㎝)です。

    ②12月2日(日)研究会当日
     ポスターセッション開始時間前に、ポスターを掲示してください。
    前後半いずれかのセッションで、ポスター発表を行います。
    終了後は、ポスターを回収してください。


    子どもの日本語教育研究会事務局(東京学芸大学齋藤研究室内)
    齋藤ひろみ・工藤聖子・秋山幸
    連絡先:kodomononihongokyoiku@gmail.com



     

    ≫ 続きを読む

    第3回ワークショップ(甲府)のお知らせ

    子どもの日本語教育研究会 第3回ワークショップ(甲府)のご案内

    日本国内外で、複数言語環境下で日本語を学ぶ子どもたちへの教育に関し、学校や地域の現場で実践に携わっている方やその研究を進めている方にワークショップと交流の場を提供します。

    1.日時・会場
    日時:2018年8月18日(土)10:30-15:30 (10:00受付開始)
    会場:山梨県立大学(山梨県甲府市飯田5-11-1)

    ✿資料代として1000円を申し受けます。

    ★必ず昼食をご持参ください(近くに、食事をする場所、商店等がありません)
     

    2.プログラム(予定)

    10:30-12:30 地元からの発信/パネルディスカッション             
     キャリア形成と日本語教育-社会参画の扉を開く進学・就業支援―

    <地元山梨からの報告>
      
      ①山梨大学日本語教員養成プログラムについて(仲本康一郎 山梨大学)
            ②オアシス子ども会の活動(斉藤祐美 山梨外国人人権ネットワークオアシス 子ども会)
            ③「やまなし子どもネット」と「多言語による進路・進学ガイダンス」について
                     (原田かおり やまなし子ども学習支援連絡協議会 )
       ④山梨県高校入試特別措置と進路・進学の課題(今澤悌 甲府市立大国小学校)

    <パネルセッション> 
       今澤悌さん(甲府市立大国小学校 教諭 日本語指導担当)
         「小学校での日本語指導経験から-小中学校での支援・進路指導」 
       高橋清樹さん(NPO法人 多文化共生教育ネットワークかながわ(ME-net)事務局長)
         「高等学校での支援・地域での活動を通して-社会参加とキャリア形成」
       小林普子さん(NPO法人 みんなのおうち 代表) 
         「地域の進学支援を通して-家庭の意識・環境と進路選択」
      
     司会 吉田益穂さん(岐阜県立東濃高等学校 教諭)
     
    12:45-13:20 ランチセミナー(昼食を取りながら)
     実践を分析・記述する方法-ジャーナル「子どもの日本語教育」への投稿に向けて
     
    13:30-15:00 ワークショップ 
     外国人の子ども・保護者に「つたわる日本語」って?
       -理解を支える話し方・伝え方-
     
     <講師>   森篤嗣さん(京都外国語大学) 
            柳田直美さん(一橋大学)

      授業で、生活支援で、保護者へのお知らせで……支援・教育に関わる者が、情報を伝える時、話し方や表現を調整したり、視覚的情報とともに提供することで理解は容易になります。また、相手の既有の知識や経験に働きかけることでも、その理解は広がり深まります。このワークショップでは、「やさしい日本語」の研究者、日本語指導を講師に招き、話し方や書き方の調整の仕方や情報提供の仕方について話し合い、「つたわる日本語」について作業をしながら検討します。

    15:15-15:30 全大会 終了 

    3.申し込み こくちーずproでお申込みください。 
      https://www.kokuchpro.com/event/konichiken_workshop3/
     
    【主催】子どもの日本語教育研究会 http://www.kodomo-no-nihongo.com/
     実行委員会 
       実行委員長 :萩原孝恵【山梨県立大学】
       副実行委員長:仲本康一郎【山梨大学】
        実行委員:大木真理子【山梨外国人人権ネットワークオアシス 子ども会】
                          小林信子【ユニタス日本語学校】
                          齊木厚子【市川小学校(日本語指導センター校)教諭】
                  斉藤祐美【山梨外国人人権ネットワークオアシス 子ども会】
              原田かおり【やまなし子ども学習支援連絡協議会】
               事務局:今澤 悌【大国小学校(日本語指導センター校)教諭)

    お問い合わせ:子どもの日本語教育研究会事務局
         kodomononihongokyoiku@gmail.com(齋藤・菅原・工藤・秋山)

    ≫ 続きを読む

    大会・研究会・ワークショップ|【公式】子どもの日本語教育研究会