大会・研究会・ワークショップのご案内

トップページ > 大会・研究会・ワークショップ

大会・研究会・ワークショップ

    第4回WS(広島)・第4回研究会(東京)の資料をアップしました

    第4回ワークショップと、第4回研究会の資料を「実践と研究のリソース」にアップしてあります。

    第4回ワークショップはこちら⇒ https://www.kodomo-no-nihongo.com/archive/archives/12

    第4回研究会はこちら⇒ https://www.kodomo-no-nihongo.com/archive/archives/13

     

    ≫ 続きを読む

    第4回ワークショップの報告 2019年8月24日(土)於:広島 

    8月24日(土)に、子どもの日本語教育研究会第4回ワークショップ(広島)を開催いたしました。
    開催にあたっては、広島市教育委員会の後援をいただき、広島市基町小学校には会場をご提供いただきました。
    pho1.jpg
    ワークショップ会場には、広島近郊だけでなく、東北・九州からと各地の学校・地域の方・研究に携わっている方が集まってくださいました。
    一般参加者の方90名のほか、会場となりました広島市立基町小学校の先生方、実行委員の広島大学の先生方や地域の支援者の皆さん・学生のお手伝いの方と合計119名にご参加頂きました。
     
    本ワークショップでは、テーマを「特別支援教育と日本語教育の連携:教室で今、何ができるか」と定め、午前に3件のワークショップ、午後に基町小学校の実践報告と基調講演が行われました。
     
    ワークショップ1「教室でのコミュニケーションー話し方・説明の仕方ー」
    講師:森篤嗣(京都外国語大学)pho2.jpg
    ワークショップ2「在籍学級との連携ーJSLカリキュラムを活用してー」
    講師:高見成幸(篠山市立岡野小学校)
    ワークショップ3「子どものことばの学びを描くー実践を言語化と共有ー」
    担当:子どもの日本語教育研究会事務局(齋藤ひろみ・村澤慶昭)
     
    実践報告「基町小学校の取り組みー自尊感情・多文化共生・平和教育・学力の
    向上をキーワードにー」
    担当:川﨑敏子(基町小学校)
     
    講演・鼎談「インクルーシブ教育システムの構築ー日本語教育との連携を目指してー」
    講師:川合紀宗(広島大学大学院教育学研究科)
    鼎談担当:奥村玲子(こどものひろばヤッチャル)櫻井千穂(広島大学)

    参加者のみなさんからは、
     ph3.jpg
    日本語の指導が必要な子どもがいるいないに関わらず、教師の話し方が大切ということが分かった。自分の話し方を磨いていきたいと思った。(ワークショップ1)
    私は日本語教育がベースにあるので、小学校教育の先生が、どのように教えているのか、その工夫・苦労やられていることすべてに感銘を受けました。(ワークショップ2)
    研究として実践内容を書き記していくことの大切さを再認識しました。(ワークショップ3)
    基町小学校の日本語指導教室の様子や教材を見せていただけて大変参考になりました。カリキュラムやスケジュールの組み方など詳しく知りたいです。(実践報告)
    通常学級に在籍し、支援を受けた方が良いと思われる子が年々増えていると感じています。今自分ができることは特別支援の知識と指導スキルを身につけて日本語指導をしていくことだと思いました。(講演)
     
    といった感想をお寄せいただきました。pho4.jpg
     
    外国にルーツを持つ子どもが多数在籍し、多文化共生の学び合いを大切にしている基町小学校で、特別支援教育、日本語教育、初等教育の実践家と共に、全ての子どもが一つの教室で共に学べるようにするにはどうすればいいのか、明日から教室でできることは何かについて学び、語り合い、交流を深められたことをうれしく思います。

    実行委員長:渡部倫子(広島大学)
    実行委員:永田良太(広島大学)・川﨑敏子・増尾恵美子(基町小学校)・間瀬尹久・奥村玲子(こどものひろばヤッチャル)

     

    ≫ 続きを読む

    第4回研究会 発表内容の公開について(台風19号による中止後の対応)

    2019年10月の台風19号に被災された皆様、謹んでお見舞い申し上げます。
    一日も早く穏やかな日常が戻ってきますよう、研究会一同、心より祈念しております。

    さて、10月12日(土)に予定しておりましたが、第4回研究会を中止いたしましたが、
    今後の対応について以下のように予定しております。(確定し次第、本webサイトで公示いたします)

    1 ポスター発表について
    (1)本webページでの抄録原稿の公開をもって、「発表の実施」といたします。
       公開は、10月中に行います。
    (2)第5回大会(2020年3月14日(土))に、ご発表の場を設けます。
       発表者ご自身の任意となります。ご都合がつく方、積極的にご発表いただけましたら幸いです
      ★第5回大会の「発表の公募」も行います。
       
    2 講演について
     単独の講演会を、2020年1-5月の間に、実施いたします。
     講演者の方のご都合で、日程を決定いたします。

    3 ラウンドテーブルについて
     第5回大会(2020年3月14日(土))に、パネルセッションの形で、3つの発表を合わせて検討する場を設けたいと思います。
     発題者3名のご都合によっては、全ての発表がそろわない場合もあります。

     

    ≫ 続きを読む

    第4回研究会(10月12日(土)於:笄小学校) 中止 (台風への対応)

    第4回研究会(2019年10月12日、笄小学校) 台風19号への対応
    10月11日(金)11:00
     
    10月12日(土)の「第4回子どもの日本語教育研究会」は中止といたします。
    台風19号が強い勢力で接近しており、当日は朝から大雨・暴風との予報が出ています。
    また、各交通機関が計画運休を決定・予定しており、移動に大きな影響が出ることは必至です。

    全国から参加のお申込みをいただいており、大変残念な結果ですが、皆さまの安全を第一に判断いたしました。
    ご迷惑をおかけますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    また、発表等のご準備をくださった皆様には、大変申し訳ありません。
    お近くの関係者の皆様にも、お伝えいただけましたら幸いです。
    なお、当日配布予定であった抄録については、
    webサイトで公表し、広く皆様にアクセスしていただけるようにいたします。
    皆さま、今週末、安全にお過ごしになってください。
    実行委員長 花島健司


      
    前回(10月7日(月))告知・・・・・
     10月11日(金)15時までに 研究会の開催について、台風情報を入手して判断します。
     開催について、本webサイトで、お知らせいたします
      1)12日の開催が難しと判断した場合は、中止となります。
      2)開催は可能だと判断した場合も、12日当日(午前5時)に最終判断をします。
        12日当日に中止と判断した場合も、本webサイトにてお知らせいたします。
     地域によって状況は異なるかと思います。安全を第一に、ご無理のないようにお願いいたします。
              実行委員会委員長 花島健司

    ≫ 続きを読む

    第4回研究会 ご案内 (参加者募集)

    子どもの日本語教育研究会 第4回研究会(東京)

    と き:10月12日(土)10:00~17:00

    ところ:東京都港区笄小学校(東京都港区西麻布3丁目11番16号)

    お申込み:こくちーずプロより(https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai4_ippan/
    定員:120名

      「ポスターセッション・講演・ラウンドテーブル1~3」 各ラウンドテーブル30名
       ★お申し込み時に、参加するラウンドテーブルを選んでください。
      「ポスターと講演のみ(ラウンドテーブルには参加できません)」30名
       ★申し訳ありませんが、会場の都合で、各ラウンドテーブルの定員を増やすことはできません。
        体育館で実施するポスターセッションと講演のみでも、参加を希望される方は、こちらにお申し込みください。

     ◉趣旨

     文化間移動をする子どもや、複数の言語環境の中で暮らしている子どもたちの日本語教育・支援活動・言語の発達に関心をもつ実践者・研究者の方を対象に、研究・実践の成果を発表し、交流するための場を提供します。
     今回は、ポスターセッション(公募)、講演、ラウンドテーブル(3分科会)を行います。小中高等学校・特別支援学校で日本語指導を担当されている先生方、地域の教室で子どもへの日本語・学習支援活動を行っていらっしゃる方、また、子どもたちやかれらを取り巻く教育環境について関心をもち研究を進めている方、そして、ご関心のある方、ぜひご参加ください。

    ◉プログラム

    10:00-12:00 ポスターセッション(60分×2)

           発表者・発表題目一覧はこちら⇒第4回研究会 発表者・発表題目

    12:00-13:00  昼休み

    13:00-13:15 開会行事

    13:15-14:15 講演 「子どもたちのキャリアと在留資格」     
            児玉晃一さん(マイルストーン弁護士事務所)
     2019年4月の入管法改正に伴い、国内の外国人の就労状況は大きく変わっていくと考えられます。それは、国内で学び、育つ外国人の子どもたちがキャリアを形成していく上でも影響は少なくないと考えられます。
     かれらの支援・教育にあたる教育者・支援者には、「在留資格」の法的根拠についての知識や情報が必要になります。そこで、第4回大会でもセミナーの講義をご担当くださった児玉弁護士に、子どもたちの進学・就業と在留資格との関係について、裁判事例などとともに、お話いただきます。
    国連総会で「子どもの権利条約」が採択されて30年になる今年、子どもの在留資格と人権(生命・生存・発達)に関する先生ご自身のお考えについてもお話しいただきます。


    14:30-16:30 ラウンドテーブル「実践を読み解き・実践に学ぶ」
      学校と地域において展開されている3つの実践についてご報告いただき、その実践が子どもたちのどのような学びの場を提供し、学習環境(周囲の状況)にどのような変化をもたらしたのかを、ファシリテータとともに会場の皆さんと一緒に話し合います。

     *ラウンドテーブル1 小学校における実践-多様な言語文化背景をもつ子どもたちの主体的参加を促す教育
                実践の紹介:豊島英明さん(東京都江戸川区立一之江小学校)
                ファシリテータ:大菅佐妃子さん(京都市教育委員会)・菅原雅枝さん(東京学芸大学)
     *ラウンドテーブル2 中等教育段階の実践-生徒が培ってきた力を発揮できる日本語学習の設計
                実践の紹介:川上さくらさん(啓明学園高等学校)
                ファシリテータ:小川珠子さん(中国帰国者支援・交流センター)他
     *ラウンドテーブル3 学校・地域支援の連携-「子どもと保護者」の学校参加支援
                実践の紹介:高栁なな枝氏(地球っ子2000)
                ファシリテータ:古川敦子さん(津田塾大学)・松本一子さん(愛知淑徳大学)
     

    16:30~17:00 振り返りのセッション・閉会

    ・・・・・・・・・・・

     第4回研究会実行委員会:花島健司(東京都港区立笄小学校)
       実行委員(五十音順)
      ・池上摩希子(早稲田大学)・宇野英理子(港区立笄小学校)・小川珠子(中国帰国者支援・交流センター)
      ・河野 あかね(つくばインターナショナルスクール)・倉本龍一(北区西が原小学校)・齋藤ひろみ(東京学芸大学)
      ・豊島英明(江戸川区立一之江小学校)南部雄一郎(江戸川区立一之江小学校)

    【お問い合わせ】

     子どもの日本語教育研究会事務局(東京学芸大学  齋藤ひろみ研究室)
     kodomononihongokyoiku@gmail.com (齋藤・村澤・工藤・秋山)
     本研究会webサイト  https://www.kodomo-no-nihongo.com/

    ≫ 続きを読む

    第4回ワークショップの参加申し込みについて 事務局より  <終了しました>

    第4回ワークショップの参加申し込みについて ご連絡

    皆様、関心をもっていただき、ありがとうございます。
    現在 90名の定員が満席となっております。大変申し訳ありません。

    キャンセル待ち・ワークショップの変更についてのお問い合わせがありましたので、
    皆様にもお知らせいたします。

    1 キャンセル待ちについて
    この度は、会場の関係で90名の定員としております。
    満席の場合は、キャンセルが出た場合に、「こくちーずプロ」のサイト上で、
    空席があることがわかる仕組みとなっております。

    今回はコクチーズにて、キャンセル待ちの機能を使っております。
    希望するWSにキャンセル待ちをお申込みできますでの、よろしくお願いいたします。

    ★ご都合がつかなくなった等の理由でキャンセルなさる場合、必ずこくちーずプロ上で手続きをお願いいたします。

    2 参加するワークショップの変更について
    こくちーずプロでは、申し込み(チケット購入)後に参加WSを変更することができませんので、次のようにお願いいたします。
    一度、キャンセルの手続きをして、変更したいWSに改めて申し込みをする。
    (ただし、既に満席のwsには変更できませんので、ご了承ください。)

    どうぞよろしくお願いいたします。
    子どもの日本語教育研究会 事務局 (齋藤・村澤・工藤・秋山)

    ≫ 続きを読む

    第4回研究会 発表者募集  <終了しました>

    第4回研究会のポスター発表(「実践」「研究」)の募集を開始します。
    どうぞ奮ってエントリーしてください(募集期間2019年7月1日-2019年8月18日)

    ★締め切りを8月18日(日)に延長いたしました!


     なお、一般参加のお申し込みは、8月下旬ごろより「こくちーずpro」にてお受けします。
     もうしばらくお待ちください。

    <発表の応募の方法>

    1 まず「こくちーずpro」で申し込みをします 
    申し込みはこちらから → https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai4/

    2 「こくちーずpro」でお申し込みをなさった後、次のABの書類をご提出ください。
     
    A チェックシート(発表にあたっての留意点に関して) ポスター用チェックシート.docx
    B 応募書類 ポスター原稿書式.docx

    提出先子どもの日本語研究委員会事務局(kodomononihongokyoiku@gmail.com

    ================================
    ポスター発表(「実践」「研究」)のお申し込みのご案内

    発表募集 実践発表(ポスター)、研究発表(ポスター)
    募集期間 2019年7月1日-2019年8月18日


    子どもの日本語教育 第4回研究会 概要
     

    日時 2019年10月12日(土)10:00-17:00
    会場 東京都港区立笄小学校
    実行委員長 花島健司(東京都港区立笄小学校)
    発表募集 実践発表(ポスター)、研究発表(ポスター)
    参加者定員 100名
    一般参加
    申し込み期間
    2018年8月下旬-10月10日(木)
       

    ※プログラム(予定)
      10:00~12:00 ポスターセッション(50分×2) 
       ★発表者・発表題目は、決定し次第お知らせします
      12:00~13:00 昼休み
      13:00~13:15 開会行事
      13:15~14:15 講演
      14:30~16:30 ラウンドテーブル
           分科会1 小学生のための学習参加支援
           分科会2 中高生のための日本語学習支援
           分科会3 子どもの学習環境を創る地域支援      
      16:30~17:00  閉会

    申し込みの詳細

    (1)発表資格 
     本研究会の趣旨に賛同くださり、参会者とともに学び合うために、実践や研究の取り組みを紹介くださる方

    (2)募集内容
     子どもを対象とする日本語教育や関連する領域に関し、学校・地域における実践や関連する研究の発表を募集します。ただし、オリジナリティのある未発表の内容であること、倫理面での配慮が十分になされていることを条件とします。
     実践発表・研究発表とも、教育・支援の現場や実践の参加者・協力者のプライバシー・人権への十分な配慮が求められます。資料・データ収集・利用については、必ず事前に、関係者(所属機関、共同実践者・研究者、協力者)に承諾を得てください。

    (3)発表者の決定
     応募書類をもとに、本研究会の運営委員会委員による審査(査読)を行い、発表者を決定します。

    (4)発表形態について
    「実践発表」「研究発表」(ポスター発表) 1時間 
     募集件数:20件程度
     ポスターセッション形式で、「実践発表」か「研究発表」を、A0版(84㎝×119㎝)のポスターにまとめて発表します。参会者との質疑応答や意見交換の時間を十分に設けてください。会場でのセッションを通して、実践の更なる工夫や改善、研究の更なる精緻化や発展の可能性について検討してください。

    (5)発表の申し込み方法
    1)「こくちーずpro.」にて「実践発表(ポスター)」「研究発表(ポスター)」別に申し込んでください。
    お申込みはこちらから→https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai4/
     申し込み期間 2019年7月1日-2019年8月18日

    2)応募書類の提出
     「こくちーずpro.」での申し込みの他、次の書類を子どもの日本語研究委員会事務局(kodomononihongokyoiku@gmail.com)に送ってください。 
     応募書類には所定の様式があります。下記の提出書類をダウンロードしてご利用ください。

    <提出書類>
    A チェックシート(発表にあたっての留意点に関して) 
    B 応募書類 
    B応募書類の記載内容
    ①「実践発表(ポスター)」、「研究発表(ポスター)」の別
    ②発表題目と概要(800字前後、以下の内容を含めてください。)
     採択された場合は、提出いただいた発表題目・概要が当日の配布資料となります。
     また、本研究会のHPで公開します。

    実践発表(ポスター) 研究発表(ポスター)
    A 発表題目 A 発表題目
    B 実践の場の特徴 B 研究の目的
    C 実践の目標 C 研究の価値・意義
    D 具体的な実践の内容とその過程 D 研究方法
    E 結果と考察(目標の達成度・課題) E 結果と考察

    ③ 発表者情報 
     発表者氏名(よみがな)・所属・立場・連絡先(代表者のメールアドレス)
    (複数の場合は全員分の物を記載ください。筆頭者を代表として連絡します。)

    (6)採択後の準備

    ①9月上旬までに応募書類をもとに査読を行い、採否を決定して、通知します。
     採択された場合は、ポスターを作成してください。
     ポスターサイズはA0版(84㎝×119㎝)です。

    ②10月2日(土)研究会当日
     ポスターセッション開始時間前に、ポスターを掲示してください。
    前後半いずれかのセッションで、ポスター発表を行います。
    終了後は、ポスターを回収してください。

    子どもの日本語教育研究会事務局(東京学芸大学齋藤研究室内)
    齋藤ひろみ・村澤慶昭・工藤聖子・秋山幸
    連絡先:kodomononihongokyoiku@gmail.com

    ≫ 続きを読む

    第4回ワークショップ(広島)のご案内 <終了しました>

    国籍や母語にかかわらず、特別支援や日本語学習支援が必要な子どもたちにかかわる人たちとともに、教育実践について学び、語り合い、交流を深めます。

    テーマ:特別支援教育と日本語教育の連携:教室で今、何ができるか

    1.日時・会場

    日時:2019年8月24日(土)10:00~16:00 (9:00受付開始)
    会場:広島市立基町小学校(校長:大久保幸則):広島県広島市中区基町20-2
         広島市中央公民館  

    ✿資料代として1000円を申し受けます。

    ★必ず昼食をご持参ください(近くに、食事をする場所、商店等がありません)

     2.プログラム

      9:00-10:00 受付、基町小学校内の見学(教室や教材など)

    10:00-12:00 ワークショップ:定員30名×3部屋同時進行。学内放送で開会宣言

    WS1「教室でのコミュニケーションー話し方・説明の仕方ー」
     講師:森篤嗣(京都外国語大学) 司会:石井恵理子
    WS2「在籍学級との連携」
     講師:高見成幸(篠山市立岡野小学校) 司会:池上摩希子
    WS3「子どものことばの学びを描くー実践を言語化して伝えるためにー」
     研究会事務局企画(事務局 齋藤ひろみ・村澤慶昭)

    12:00-13:00 お昼休み

    13:00-13:20 「基町小学校の取り組み~自尊感情・多文化共生・平和教育・学力の向上をキーワードに~」
     川﨑敏子(基町小学校)

    13:20-15:00 講演
     「インクルーシブ教育システムの構築ー日本語教育との連携を目指して」
     講師:川合紀宗(広島大学大学院教育学研究科)司会:櫻井千穂

    15:00-15:20 講演内容に関する鼎談:川合紀宗、奥村玲子(こどものひろばヤッチャル)
     司会:櫻井千穂

    15:20-15:30 閉会

    主催:子どもの日本語教育研究会
    実行委員:渡部倫子・永田良太(広島大学) 
         川﨑敏子・増尾恵美子(基町小学校)
         間瀬尹久・奥村玲子(こどものひろばヤッチャル)
    後援:広島市教育委員会
     
    お問い合わせ:子どもの日本語教育研究会事務局
      kodomononihongokyoiku@gmail.com(齋藤・村澤・工藤・秋山)

    ≫ 続きを読む

    2019年のイベント

    2019年度がスタートして2週間。本格的に新学期が動き出しました。子どもの日本語教育研究会も4年目を迎えます。手弁当の会なために、いつも「いっぱいいっぱい」の運営をしております。皆様の温もりのあるご声援と積極的なご参加によって成立しております。本年度も引き続きよろしくお願いいたします。

    本年度のイベントについてお知らせします。

    ★8月24日(土)第4回ワークショップ @広島市立基町小学校
    実行委員長:渡部倫子(広島大学)
    参加申し込みは6月末から、こくちーずproにて。

    ★10月12日(土)第4回研究会  @東京都港区立笄小学校
    実行委員長:花島健司(笄小学校)
    発表申し込み期間:7月1日~7月31日(予定)
    参加申し込みは9月上旬より こくちーずproにて。

    2020年3月14日 第5回大会  @お茶の水女子大学
    実行委員長:西川朋美(お茶の水女子大学)

    いずれも、プログラムなどが確定しましたら、ホームページにて、情報提供をします。
    皆様のご参加(是非、ご発表も)を、心よりお待ちしております。


    事務局長 齋藤ひろみ

    ≫ 続きを読む

    第4回大会の報告 2019年3月2日(土) 於:武蔵野大学

    子どもの日本語教育研究会 第4回大会報告

    子どもの日本語教育研究会第4回大会は、好天にも恵まれた中、“東京2020”の気運高まる有明地区の武蔵野大学にて行われました。200名を超える方がご参加くださり、有意義かつ活発な情報・意見交換の場となりました。今回は初めてお越しくださった方も多く、子どもの日本語教育に対する関心の高さも窺えました。ここでは、会場の写真とアンケートで寄せられた皆様の声を合わせて、大会のご報告をさせていただきたいと思います。(なお、各発表の内容は「実践と研究のリソース」の第4回大会抄録内容をご覧ください)
    pho1.jpg
    午前中は、開会式の後、会場を移して3教室においてポスターセッションが行われました。前半後半約50分ずつに分かれ、計19本の発表が行われましたが、時間があっという間に過ぎるほど中身の濃い発表と議論が展開されました。今回は研究発表が12本、実践発表が7本でしたが、ポスターセッション全体につきましては、非常に勉強になったとのご感想を多くいただきました。

    pho2.jpg
    ただし、アンケートでは、もっと実践発表をと望む声も聞かれました。本研究会は、一方向での情報提供ではなく、相互に資源としての実践・研究の成果を交流することを目指しています。実践をなさっている皆さん、是非、ご発表をご検討ください。


    pho3.jpg
    午後の前半は、公募パネル「『文化間移動をする子どもの育ち』を支える教育人材の育成」と、児玉晃一氏を迎えてのセミナー「文化間移動をする子どもたちの在留資格と進路」が並行して行われました。パネルは「教員の養成・研修モデルプログラム事業」への関心の高さもあり、急遽会場に補助イスを持ち込むほどの盛況ぶりでした。参加なさった方からも、その有意性についてコメントを頂きました。
     pho4.jpgまた一方のセミナーの方も、普段あまり詳しく知ることのない法的な面からのご説明は、有意義な勉強の機会となったようです。会場では、多くの質問がありましたし、セミナー終了後にも、児玉弁護士への質問の列ができるほどでした。アンケートでは、少し難しい内容でしたが、やはり法的な知識の理解の必要性も感じられたとのご感想をいただきました。また、両方を聞きたかったので並行していたのが残念だったとのご意見もありました。


    pho5.jpg午後の後半は、大会企画の「子どもをとりまく学校・ボランティア・企業の連携 ― トランスフォーメーショナルな場の形成に向けて-」と銘打ったパネルが行われました。東京都江東区にける外国人の子どもの支援の状況に関し、行政の受け入れ体制・対応、URコミュニティの支援、pho6.jpg地域ボランティア支援の活動、留学生による支援のご報告がありました。現状がどうであるのか、それをどのように位置づけたらいいのか、について日本語教育以外の分野の知見として、サービス・ラーニングやトランスフォーメーショナルなどの新しい概念を示す用語が紹介されました。ご自分の立場やこれからどうすべきかを考える場になったというご感想をいただいた一方で、もう少し意見交換の時間がほしかったというご意見も頂戴しました。これは今後の課題とさせていただきたいと思います。

    アンケートでは、全体として、もっといろいろな実践を聞きたい、もっと情報交換をしたいというようなご意見をたくさん頂戴しました。また、開催時期の検討を期待するというご意見などもあり、今後の運営にとって貴重な示唆をいただきました。
    今回は、会場運営から大会パネル懇親会まで実行委員でお引き受けしましたが、いろいろと至らぬ点もあった方思います。頂きましたご意見、ご感想は次回の委員の方に引き継ぎたいと思います。この研究会が益々発展し、それと同時に現場の抱える問題が、それを取り巻く関係者の連携の中で良い方向に向かうことを願っております。
    どうもありがとうございました。
     (第4回大会実行委員長 武蔵野大学 村澤慶昭)
     

    ≫ 続きを読む

    大会・研究会・ワークショップ|【公式】子どもの日本語教育研究会