大会・研究会・ワークショップのご案内

トップページ > 大会・研究会・ワークショップ

大会・研究会・ワークショップ

    第4回大会の報告 2019年3月2日(土) 於:武蔵野大学

    子どもの日本語教育研究会 第4回大会報告

    子どもの日本語教育研究会第4回大会は、好天にも恵まれた中、“東京2020”の気運高まる有明地区の武蔵野大学にて行われました。200名を超える方がご参加くださり、有意義かつ活発な情報・意見交換の場となりました。今回は初めてお越しくださった方も多く、子どもの日本語教育に対する関心の高さも窺えました。ここでは、会場の写真とアンケートで寄せられた皆様の声を合わせて、大会のご報告をさせていただきたいと思います。(なお、各発表の内容は「実践と研究のリソース」の第4回大会抄録内容をご覧ください)
    pho1.jpg
    午前中は、開会式の後、会場を移して3教室においてポスターセッションが行われました。前半後半約50分ずつに分かれ、計19本の発表が行われましたが、時間があっという間に過ぎるほど中身の濃い発表と議論が展開されました。今回は研究発表が12本、実践発表が7本でしたが、ポスターセッション全体につきましては、非常に勉強になったとのご感想を多くいただきました。

    pho2.jpg
    ただし、アンケートでは、もっと実践発表をと望む声も聞かれました。本研究会は、一方向での情報提供ではなく、相互に資源としての実践・研究の成果を交流することを目指しています。実践をなさっている皆さん、是非、ご発表をご検討ください。


    pho3.jpg
    午後の前半は、公募パネル「『文化間移動をする子どもの育ち』を支える教育人材の育成」と、児玉晃一氏を迎えてのセミナー「文化間移動をする子どもたちの在留資格と進路」が並行して行われました。パネルは「教員の養成・研修モデルプログラム事業」への関心の高さもあり、急遽会場に補助イスを持ち込むほどの盛況ぶりでした。参加なさった方からも、その有意性についてコメントを頂きました。
     pho4.jpgまた一方のセミナーの方も、普段あまり詳しく知ることのない法的な面からのご説明は、有意義な勉強の機会となったようです。会場では、多くの質問がありましたし、セミナー終了後にも、児玉弁護士への質問の列ができるほどでした。アンケートでは、少し難しい内容でしたが、やはり法的な知識の理解の必要性も感じられたとのご感想をいただきました。また、両方を聞きたかったので並行していたのが残念だったとのご意見もありました。


    pho5.jpg午後の後半は、大会企画の「子どもをとりまく学校・ボランティア・企業の連携 ― トランスフォーメーショナルな場の形成に向けて-」と銘打ったパネルが行われました。東京都江東区にける外国人の子どもの支援の状況に関し、行政の受け入れ体制・対応、URコミュニティの支援、pho6.jpg地域ボランティア支援の活動、留学生による支援のご報告がありました。現状がどうであるのか、それをどのように位置づけたらいいのか、について日本語教育以外の分野の知見として、サービス・ラーニングやトランスフォーメーショナルなどの新しい概念を示す用語が紹介されました。ご自分の立場やこれからどうすべきかを考える場になったというご感想をいただいた一方で、もう少し意見交換の時間がほしかったというご意見も頂戴しました。これは今後の課題とさせていただきたいと思います。

    アンケートでは、全体として、もっといろいろな実践を聞きたい、もっと情報交換をしたいというようなご意見をたくさん頂戴しました。また、開催時期の検討を期待するというご意見などもあり、今後の運営にとって貴重な示唆をいただきました。
    今回は、会場運営から大会パネル懇親会まで実行委員でお引き受けしましたが、いろいろと至らぬ点もあった方思います。頂きましたご意見、ご感想は次回の委員の方に引き継ぎたいと思います。この研究会が益々発展し、それと同時に現場の抱える問題が、それを取り巻く関係者の連携の中で良い方向に向かうことを願っております。
    どうもありがとうございました。
     (第4回大会実行委員長 武蔵野大学 村澤慶昭)
     

    ≫ 続きを読む

    第4回大会のポスター、パネルのPPT資料をアップしました

    第4回大会の資料を「実践と研究のリソース」にアップしました。
    コチラ→https://www.kodomo-no-nihongo.com/archive/archives/11

    ≫ 続きを読む

    イベント情報: 2019年3月16日に ボランティアグループ「カリーニョ」の二周年記念イベント

    イベント情報
    2019年3月16日に ボランティアグループ「カリーニョ」の二周年記念イベント「宮澤摩周サンバワークショップ」が開催されます。
    詳しくは、本HPの関連情報のページをご覧ください。
    https://www.kodomo-no-nihongo.com/related_information/archives/21

    ≫ 続きを読む

    関連情報 シンポジウム等のご案内2件  

    関連情報のページに、新たに2件のイベント情報をアップしました。偶然ですが、
    いずれも2019年2月23日開催のイベントです。
    【イベント1】2019年2月23日「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム
    【イベント2】2019年2月23日「第16回博報堂教育フォーラム」
     

    ≫ 続きを読む

    ジャーナル『子どもの日本語教育研究』第1号 発行

    ジャーナル『子どもの日本語教育研究』第1号を発行いたしました。
    ジャーナルのページの「既刊号一覧」をご覧ください。
    https://www.kodomo-no-nihongo.com/journal/archives/1
    第2号の締め切りは、1月31日(木)に迫っております。
    どうぞ、ご投稿を!!
     

    ≫ 続きを読む

    子どもの日本語教育研究会 第4回大会 ご案内

     トランスナショナルな移動をする子どもの日本語教育に関心をもつ実践者・研究者の方を対象に、研究・実践の成果を発表し、交流するための場を提供します。
    今回は、ポスターセッション(公募)、パネルディスカッション(公募、大会企画)を行います。
     地域や学校で子どもの支援・教育に携わっている方、また、その研究をなさっている皆さん、海外の子どもたちに日本語教育や継承活動を行っている方、関連の行政機関の方やメディアの方、そして関心のある皆さん、どうぞ、ふるってご参加ください。
     

    日時・会場

    日 時: 2019年3月2日(土)午前10:00-17:30 
    場 所:  武蔵野大学 有明キャンパス(1号館2F、3号館2F)
      東京都江東区有明3-3-3(りんかい線「国際展示場駅」徒歩7分)
      交通アクセス(武蔵野大学有明キャンパス)
      https://www.musashino-u.ac.jp/ariake/
    定 員: 250~300名
      ★資料代として、500円を申し受けます。◉プログラム (詳細は2月中旬にお知らせいたします)
      10:00 開会・趣旨説明
      10:15 実践発表・研究発表(ポスターセッション50分×2回入れ替え)
                      ★発表題目はこちら→発表者・発表題目.pdf
      12:00 休憩
      13:00 パネルセッション(公募)
       13:15-14:45には、セミナーを並行して行います
      15:15 本研究会 企画パネル
      17:15 全体会
      17:30 閉会   
      18:00-20:00 懇親会(同じ建物内のロハスカフェARIAKEにて)

    セミナー大会企画パネルのテーマ・講師・登壇者
    3:15-14:45のセミナーについて
        テーマ:文化間移動をする子どもたちの在留資格と進路
             講師:マイルストーン総合法律事務所・弁護士 児玉晃一
        児玉弁護士は、タイのウティナンさんの強制退去処分取り消し裁判で弁護を
        された方です。セミナーではこの裁判についても事例として触れますが、詳
        しく知りたい方は、以下のサイト等で事前に情報を得てください。  
      〇児玉弁護士の活動がわかるサイト:     〇ウティナンさんの裁判に関する情報サイト:    
        *HUFFPOST 2016年12月19日          *HUFFPOST 2017年12月27日
    15:15-17:15の大会企画パネルについて
        テーマ:子どもをとりまく学校・ボランティア・企業の連携
            -トランスフォーメーショナルな場の形成に向けて―
        パネリスト:井熊 豪さん(江東区教育委員会事務局指導室指導主事)
              尾﨑有紀さん(「江東にほんごの会」の代表、小学校支援者)
              安田和朗さん(株式会社URコミュニティ 支援企画室) 
              董 炎林 さん(武蔵野大学大学院留学生、小学校支援者)
              市川享子さん(東海大学) 
       コーディネータ:村澤慶昭さん(武蔵野大学)


    ◉参加費について
      参加費は無料ですが資料代として500円を申し受けます。ご協力よろしくお願いいたします。

    ◉懇親会について
      大会終了後18時より20時まで懇親会を開催いたします。人数が限られておりますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください(2月24日を一次締め切りといたします。)。また、お申し込み後ご都合が悪くなった場合は、必ずキャンセルをお願いいたします。参加費は2000円~3000円の予定です。決定し次第お知らせいたします。
    ☆申し訳ありません、こくちーずプロの申し込みチケットでは「無料」となっていますが、誤りです。(すみません、ご注意ください。)

    ◉お申込みについて
     「こくちーずPro.」からお申し込みください。 → https://www.kokuchpro.com/event/taikai4_ippan/

    ◉お問合せ先
    実行委員長 村澤 慶昭(武蔵野大学) 
    y_mura@musashino-u.ac.jp(事務局:工藤・齋藤・菅原)
    本研究会事務局 東京学芸大学齋藤研究室内 齋藤・菅原・工藤・秋山
    kodomononihongokyoiku@gmail.com

     

    ≫ 続きを読む

    第3回研究会の報告 2018年12月2日(日) 於:兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス

    2018年12月2日(日)兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパスでの第3回研究会が無事に終了いたしました。当日は、13件のポスター発表(発表者29名)と78名の一般参加者、関係者を合わせて、約130名のご参加をいただいて、第3回研究会を開催いたしました。
     
     写真1.jpgポスター発表は、2会場に分かれ、2部制で各1時間ずつ行いました。発表では、就学前から高校、そして高校卒業後のキャリア形成に至るまでの様々な段階が取り上げられ、いずれも実践、研究に携わる方たちにとって有益な意見交換の場となったのではと思います。また、今回は午後のプログラムとの関係もあってか、子どもたちの自ら考える力、学習意欲を高めることを目指した研究発表が複数見られました。さらに、言語文化面だけでなくジェンダーも含めた観点から多様性をとらえる必要性を指摘する発表もあり、より広い意味での配慮や支援が必要なことに気づかされる、大変有意義なセッションとなりました。
    写真2.jpg
     
      当日は12月とは思えないほど気温が高く、会場の空調は自動調整で操作できなかったため、ご迷惑をおかけしてしまいましたが、多くの参加者の方々と発表者の間で交わされる議論の「熱さ」の反映であったかと思います。多くの方が発表時刻を過ぎてからも、熱心に質問したり議論したりする様子が見られ、撤収の声をかけるのがはばかられるほどでした。
     
    午後は、講演とパネルディスカッションを行いました。まず、「子どもたちの思考を育む『ことばの教育』」と題して、慶應義塾大学 今井む写真3.jpgつみ教授にご講演をいただきました。今井教授は、認知科学の知見から色の範囲や動詞の表す意味が言語によって異なる例を示され、ことばと他のことばの境界を理解することや、コロケーションなどのことばの慣習的な用い方を知ることが「生きたことばのちから」には必要であると話されました。また、意味を知っているだけでは活用することが難しく、活動や体験を通して使用することで、言語そのもの(全体)を知ることができ、活用できることばを身につけることにつながると話されました。


      これからのことばの教育には、「単語をたくさん覚えさせる」こと(ドリル)よりも、文脈や状況を解釈しながらことばを適切に、柔軟に使い、さらにはそこから新しい知識を得られる能力の育成が求められています。「自分で考えて、学ぶ力」を育むことを主眼とした教育・支援の重要性を学びました。
     続いて、パネルディスカッション「多様な言語文化背景を持つ子どもたちの「考える力」を育む-日本語と教科の学習支援を通して」を行いました。はじめにコーディネーターの東京学芸大学 齋藤ひろみ教授から、パネルディスカッションの趣旨や多様な言語文化背景をもつ子どもの課題や展望について説明がありました。
     次に二人の登壇者から「地域の教育コミュニティが目ざすもの」「「考える力」を育む問いと支援」という内容で、それぞれの実践発表をしていただきました。
    地域支援団体NPO法人関西ブラジル人コミュニティの理事長である松原マリナさんからは、団体設立の背景や、子どもたちが日本の学校社会にも適応し、進路や将来設計を家族とともに考えるために必要な環境を作ることをめざしていること、そのために日本語、母語(ポルトガル語)の基盤を構築したり、アイデンティティについて自ら考えさせたりする様々な活動を紹介していただきました。
     篠山市立岡野小学校の高見成幸さんからは、小学校5年生の通分が必要な分数の足し算の授業において児童が誤答した事例が紹介されました。「なぜ?」と繰り返される教師の問いかけに、児童自身が誤りに気づき、最後に思考の過程を日本語で説明することを通して計算の方法や考え方について、深く考えることができた授業実践でした。
     その後、コメンテーターの今井教授から、実体験の中での学ぶことの大切さやことばを学習する必要性を感じさせることの大切さが語られ、松原さんの活動の意義を説明されました。また、分数のような数に対する概念を再構築するような学習では正解を教えてもできるようにはならず、子ども自身が間違いを発見し納得することが不可欠であることや、その過程でことば(この場合日本語)を使うことで、そのことばに対する愛着を感じ、言語を学ぶモチベーションを高めると話されました。
       写真4.jpg  写真5.jpg       写真6.jpg
     定住化し、将来も日本で生活を続けようとしている子どもたち。自分のアイデンティティを生かし、海外での活躍を夢見ている子どもたち。そういう子どもたちの未来に関わる責任を感じつつ、明日からの取組のヒントや活力を得ることができた1日となりました。
     今後も、全国のみなさまと課題と成果を共有し、外国につながる子どもたちの自己実現を図る取組を進めてまいりたいと思います。最後になりましたが、第3回研究会の運営にご協力いただきましたご参加のみなさまに感謝申し上げます。
     
          子どもの日本語教育研究会 第3回研究 実行委員長 村松好子(兵庫県教育委員会)
     
     
     

    ≫ 続きを読む

    第3回研究会(神戸)の配布資料・ポスターをアップ

    第3回研究会の配布資料とポスターの一部を公開いたしました。

    こちら→ https://www.kodomo-no-nihongo.com/archive/archives/10
     

    ≫ 続きを読む

    第3回研究会 無事に終了!!(簡易報告)

    第3回研究会が終了しました。
    (事務局より簡易報告)

    2018年12月2日(日)
    兵庫教育大学ハーバーランドキャンパスにおいて
    第3回研究会を開催いたしました。

     午前には、13組の実践・研究の発表(ポスター)がありました。
     就学前の教育と学校教育との連接や、 高等学校での現代文と日本語の学習支援までと教育の内容と方法に関する発表。
     高校受験の特別枠や、移住労働者の高卒モデルといった 外国人青年のキャリアにかかわる問題。
     散在地域での支援やセクシャルマイノリティの生徒への支援など、さらに複雑化・多様化する現代社会における課題への取り組み。
     鋭角な視点と多様なアプローチによる実践・研究がそろいました。
    そして、何より会場での重なる声と真剣なまなざしに、この教育の重要性と、それを担う人々の底力が感じられました。
     
     午後の1つ目のプログラムは、今井むつみ先生のご講演でした。
     今井先生は、ご自身の研究成果に加え、 最新の認知科学の領域の研究知見についてお話しくださいました。
    また、現在進めていらっしゃる語彙調査の概要のご紹介がありました。
     
    次のパネルディスカッションでは、
     松原マリナさん(関西ブラジル人コミュニティ)が、 活動について、
    子どもたちの姿の変容と、その変容が意味する「母語を学び」「学習する」ことの重要性を子どもたちのケースと活動をもとに語りました。
    また、笹山市立岡野小学校の高見成幸先生は、
     学校全体の取り組みと算数(5年生)と国語(2年生)の「JSLカリキュラム」に基づく授業についてご報告くださいました。
     
     何から何まで快適に、温かく、そして、参加者の皆さんの信念に貫かれた一日でした。
    参加者の誰もが、自分自身の実践と研究を振り返る、 大切なときにできたのではないかと思います。

    それも、実行委員の皆様のおかげです。
     委員として尽力くださった兵庫県教育委員会の先生方、兵庫県国際交流協会の皆様、
    そして、兵庫教育大学・神戸大学・桃山学院大学の先生方、 本当に、ありがとうございました。
     
    なお、会場の関係で、参加ご希望の方で、参加ができなかった皆様、大変 申し訳ありませんでした。
     
     今後も、皆様が交流を通して結ばれ、 そして、その渦が広がるような会の運営を心掛けたいと思います。

    子どもの日本語教育研究会事務局 2018/12/03

    ≫ 続きを読む

    終了しました。  子どもの日本語教育研究会 第3回研究会(兵庫)「実践・研究発表(ポスター)」プログラム

    子どもの日本語教育研究会 第3回研究会(兵庫)

    !!会場の収容人数の関係で、当日受付はお受けできません!!
    実践・研究発表(ポスターセッション)プログラムをアップしました。
    下の<概要・プログラム>の 子日研ポスター発表一覧 でご覧ください。

    <ポスター発表について>
    多様な言語文化背景をもつ子どもの日本語教育等に関心をもつ実践者・研究者の方を対象に、
    研究・実践の成果を公募し、査読をへて、13名の方にご発表をしていただくことになりました。
    ポスターセッションの形態になりますので、是非、実践・研究の交流の場にしてください。


    ・・・・・・・・・子どもの日本語教育研究会 第3回研究会の概要・・・・・・・・・・
    <日時・場所>
    12月2日(日)10:00-17:00 
    於:兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス 兵教ホール
     (兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目5-7)

    <申し込み>!!申し訳ありません!!
      
    *現在すでに定員に達しました(満席)。
      キャンセルが出た時点で、空きになり、申し込みが出来るようになります。
        イベント申し込み専用サイト「こくちーずpro.」( https://www.kokuchpro.com/event/kenkyukai3/ )で行ってください。
      申し訳ありませんが、
      会場の収容人数の関係で、当日参加もお受けできません。


    <プログラム>  
    --------------------------------  
    10:00 開会宣言  (9:30 受付開始) 
    10:05-11:05 実践・研究発表(ポスターセッション)① 
    11:10-12:10 実践・研究発表(ポスターセッション)② 
            ポスター発表一覧はこちら⇒子日研ポスター発表一覧.pdf
    12:10-13:00 昼休み
    13:00-14:00 講演 「子どもたちの思考を育む『ことばの教育』」
              慶應義塾大学 教授 今井むつみ
    14:15-16:50 パネルディスカッション
          「多様な言語文化背景を持つ子どもたちの「考える力」を育む
           -日本語と教科の学習支援を通して-」
      *パネリスト 
          NPO関西ブラジル人コミュニティ   理事長 松原マリナ
          篠山市立岡野小学校            教 諭 高見 成幸
      *コメンテ-タ       慶応義塾大学          教 授 今井むつみ
      *コーディネーター 東京学芸大学                 教 授    齋藤ひろみ
    17:00    閉会
    --------------------------------
    
    
    

    ≫ 続きを読む

    大会・研究会・ワークショップ|【公式】子どもの日本語教育研究会