大会・研究会・ワークショップのご案内

トップページ > 大会・研究会・ワークショップ

大会・研究会・ワークショップ

    【終了】子どもの日本語教育研究会 第2回大会 【発表募集】

    発表者の募集を開始しました。
    どうぞ奮ってエントリーしてください。

    申し込みはこちらから

     

    発表募集 実践発表(ポスター)、研究発表(ポスター)、パネルセッション
    募集期間 2016年12月6日-2017年1月15日

     

    研究会概要
    日時 2017年3月11日(土)10:00-17:00(予定)
    会場 早稲田大学22号館(東京都新宿区)
    実行委員長 池上摩希子
    発表募集 実践発表(ポスター)、研究発表(ポスター)、パネルセッション
    参加者定員 200名
    一般参加
    申し込み期間
    2017年2月1日(水)-3月5日(日)

    ≫ 続きを読む

    プレフォーラム

    • 日時 2015年11月23日
      会場 東京都杉並区立第八小学校
      内容 プレフォーラムの様子は,Facebookの研究会ページからも見ることができます

      past_151123_pic1.jpg

    ≫ 続きを読む

    子どもの日本語教育研究会 2016年大会(第1回大会)

    パネルセッション

    ≫ 続きを読む

    【2016年8月20日 横浜】第1回ワークショップ 日本語教育の方法/学校・家庭・地域との連携による支援のあり方

    午前の部
    • 形式 ラウンドテーブル
      内容 多様な言語文化背景を持つ子どもたちの家庭・学校・地域を結ぶ
    分科会1
    • 発題者 菊池聡ほか(飯田北いちょう小学校)
      テーマ 横浜市立飯田北いちょう小学校の取り組み
      ディスカッサント 清田淳子(立命館大学)
      内容 在籍学級における教科学習支援の取り組み―算数科の学習活動でことばを鍛える
    分科会2
    • 発題者 二宮孝司・中村清夏(基町小学校)
      テーマ 広島市立基町小学校の取り組み
      ディスカッサント 長谷部美佳(東京外国語大学)
      内容 地域の歴史と少数派の人々の暮らしから学ぶ平和と人権―「基町アパート」のドラマ作りが生んだ子どもたちの学び
    分科会3
    • 発題者 藤井文(鶴見区国際ラウンジ学習コーディネータ)
      テーマ 母語による学習サポートの取り組み
      ディスカッサント 内海由美子(山形大学)
      内容 外国につながる子どもの家庭と学校を結ぶ母語支援―中国人家庭の子どもの支援例から
    分科会4
    • 発題者 菊池聡ほか(飯田北いちょう小学校)
      テーマ 横浜市立飯田北いちょう小学校の取り組み
      ディスカッサント 清田淳子(立命館大学)
      内容 在籍学級における教科学習支援の取り組み―算数科の学習活動でことばを鍛える
    午後の部
    ワークショップ1
    • 形式 ワークショップ
      内容 初期段階の日本語指導の方法(サバイバル日本語、語彙・表現の学習を中心に)
    ワークショップ2
    • 形式 ワークショップ
      内容 中後期段階の日本語指導の方法(読み活動・書き活動を中心に)
    ワークショップ3
    • 形式 ワークショップ
      内容 内容重視の日本語教育(「教科と日本語の統合学習」の設計と実施)

    ≫ 続きを読む

    【2016年12月4日 関西】第1回研究会

    • 日時 2016年12月4日 10:30-16:00  
      会場 京都教育大学
      内容

      10:30-12:40 ポスターセッション(60分×2セッション)

      13:30-16:00 フォーラム「母語・継承語の学習と教育を考える」
       (1) 講演 山本雅代氏(関西学院大学)
       (2) グループ別ディスカッション
       (3) 全体共有

      2016_kenkyukai1_kokuchi2.jpg

      資料のダウンロード

      ポスターセッション発表一覧(PDF)

    ≫ 続きを読む

    大会・研究会・ワークショップ|【公式】子どもの日本語教育研究会